「えんとつ町のプペル」がネットで無料公開に!それでも紙で買ってよかった5つの理由

手に持ったプペル

こんにちは!電子書籍もガンガン買ってるサッシです♪

キングコング西野さん絵本 『えんとつ町のプペル 』がなんと無料公開になりましたね!

インターネット上で完全無料で誰でも楽しめるという、超太っ腹!!

僕は既に紙で買っていたので、そのニュースを聞いて、

「あ~なんだよ!無料公開になるなら、買わなきゃよかった!」

なんてなるかなーと思いきや。

「へ~そうなんだ。そんな方法もイイね♪」

くらいにしか感じませんでした。

負け惜しみとかじゃないですよw

ほんとに、「データより紙で買ってよかったなぁ」と思う理由があるので、今回はそれをお伝えします。


「えんとつ町のプペル」がネットで無料公開に!それでも紙で買ってよかった5つの理由

では、さっそく参りましょう。

ネット上で完全無料公開の『えんとつ町のプベル』を紙で買ってよかった5つの理由です!

1.目に優しい

まずは、「目に優しい」ことです。

僕は電子書籍もぜんぜん抵抗なく、紙と同様にデータでもダウンロードしまくって活用しています。

読む環境も様々。

スマホ・タブレット・ノートパソコンと、いろいろな画面から読んでいます。

だからこそ感じるのが、やはりまだ端末の画面より紙の方が目が疲れないということ。

eye-491625__340

友人に借りて、目に優しく設計されている「Kindle」等の電子書籍専用の端末でも読んだことはあります。

たしかに僕が持っている端末たちよりは目が疲れにくいなぁとは感じましたが、それでも紙で読んでいるよりは遥かに疲れました。

やはり、今のところ目の負担という点では端末の画面より紙の方が断然優れていると感じます。

絵本はじっくり絵を眺めたいので、目が疲れない紙のほうが良いです。

もっと技術が進歩したら、端末の画面も紙と全然変わらないくらいになるかもしれませんが。

2.手触りが良い

次に、「手触りが良い」ということ。

手に触れる感触が端末より紙の方が断然気持ちいいですね。

それはもう、シンプルな理由ですw

手に持ったプペル

絵本は理屈より感覚で読むものなので、手に取ったときの感触って大事だと感じます。

物質としての温もりと、中身の温もりの相乗効果といいますか。

絵本のように、理屈より感覚を大切にしたいときは紙の手触りがあったほうがいいと思います。

3.所有感

三つ目に、「所有感」です。

データよりも実際に物質としてあるほうがケタ違いに所有感がありますね。

だから、人間の物欲・所有欲みたいなのを満足させてくれます。

ええ、それだけですw

本棚に並んだ絵本

でも所有感があることって、けっこう大事だと思います。

「これは自分の物」っていう感覚から、責任感が生じますので。

「うちの本棚ファミリーの一員なんだから、大切に扱おう」って気持ちになります。


4.一緒に古びていける

さらに、「一緒に古びていける」ということ。

僕はこの理由がとても好きです。

紙だと、読んでいるうちに折れたり、破れたりしますよね。

経年劣化で変色もしますし。

あと、コーヒーこぼしたりもw

old-people-616718__340

そんな風にして、一人目の子どものとき、二人目のときと順番に読まれ、いつか孫のときにはだいぶボロボロに。

データだとずっと新品ですが、紙なら持ち主と一緒にどんどん古くなっていきますよね。

そんなノスタルジーが絵本にはピッタリだと僕は思います。

5.踏んでも壊れない

最後は、「踏んでも壊れない」です。

アホかって思わないでくださいねw

いやいやいや。これ、けっこう重要な要素なんです!!

絵本だと、子どもと一緒に読む機会が多いですよね?

そうすると、けっこうな確率でそのまま眠ってしまうんです。子どもはもちろん、親もw

そんな時、もしタブレット等の端末で読んでいたらどうなるか?

その辺に端末をぽんっと置いてしまい、後で気付かずに踏んづけてしまう可能性があるんです!

ひぃぃぃ、それだけは避けたい!!

ipad

まだスマホやタブレットでは無いですが、寝起きで踏んづけて壊してしまった経験が幾つかあります。

その点、もちろん紙の絵本なら踏んづけても壊れやしませんよね。

まさにゾウが乘っても大丈夫!

まぁ、そもそも本を踏んじゃ失礼ですがw

まとめ

まとめて並べてみると、こんな感じですね。

  1. 目に優しい
  2. 手触りが良い
  3. 所有感
  4. 一緒に古びていける
  5. 踏んでも壊れない

特に5番目の「踏んでも壊れない」はおすすめ理由(?)です! しつこいですがw

子どもと床で寝転がって読んでると、僕も眠くなってしまってよく絵本を落とすんですよ。

タブレットだったら、きっと壊してますもん。

いや~なかなか捨てがたい理由だと思うのは僕だけでしょうかw

そんなわけで、僕はいくらインターネット上で完全無料公開していても、『 えんとつ町のプペル 』を紙の絵本で買ってよかったな~と思います。

「ネットで読んでみて良かったので、本屋さんに買いに行きました!」って意見もSNSで見かけたりしましたよ。

「まずはインターネットで試し読みしてみて、気に入ったら紙の絵本で手元に置いておく」というのが一番いいかもしれないですね♪

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました。

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です