【幸せなお金との付き合い方】金銭感覚を一定にする習慣を続けて感じること

「よっしゃー給料日やぁ!!スシ行くぞ、スシ!!!」

とか、

「はぁ…サイフの中身はあと千円。給料日までカップ麺か…。」

とか。

 

こういうの、みなさんありますか?

急に羽振りが良くなったり。

かと思えば、突然びんぼっちゃまだったり。

 

僕はこれまで、まっっったく経験無いです!!

「よっしゃ~オレの奢りだぁ!ドンペリ入れろぉぉぉ!!」

も、

「同情するならカネをくれ!ワン!!」

も全然無いんですよね。

 

僕が身についてよかったなぁと思う習慣のひとつに、

「金銭感覚を一定にする」

というのがあります。

 

これのおかげで、お金に関して全然気持ちがぶれない。

そう感じるオススメ習慣、紹介しますね!

概要

お金の重要な性質のひとつ。それが、

「感覚をマヒさせる」

ということ。

 

映画やドラマでもお馴染ですね。

真面目で優しかった彼が、遺産を相続した途端豹変!

外車乗り回しーの、オンナはべらせーの、

お金のプールにどっぽーん。

 

別にお金のプール、気持ちよくなさそうですよねw

紙のプールでしょ?

ごわごわしそうw

 

感覚をマヒさせるっていう点では、

お酒とまったく同じですよね。

 

飲んだらやたら気が大きくなるように、

サイフが分厚いとやたら勝気になる。

で、だいたい泣きを見る。

 

そんな気持ちの浮き沈みを穏やかにしようというのが、

「金銭感覚を一定にする」という習慣です。

 

例えば、学生時代と社会人時代。

20代と30代、40代。

給料日前と給料日後。

 

持っているお金が変われど、

「普通に暮らしていた」頃の感覚のままでいよう。

 

そんな習慣です。

 

『ウェブはバカと暇人のもの』や『ネットのバカ』で有名な、

中川 淳一郎さんも、著書『節約する人に貧しい人はいない。』の中で、

年収は、順調に上り調子にはなっているが、金銭感覚は変わっていない。相変わらず慎ましい生活をしている。本書で伝えたいのは『金銭感覚は一定にしておけ。その方が何事もラクちんですよ』ということ。

とおっしゃっています。

 

そう。金銭感覚がずっと変わらないこと。

その方が、ずっと気持ちが安定するんですよ!

主体的に生きている感じ

金銭感覚を一定にする習慣。

ほんと僕は声を大にしてオススメしたいです!

 

この習慣が身についてると、

お金に使われないで、主体的に生きている感じがするんです。

 

例えば、腕時計。

よく「時計は男のステータス」とか言いますよね?

「男の価値は、左手首の輝きでキマる!」とか。

 

でもね。

モノが自分のステータス?

 

「え、大丈夫?」って僕は心配になっちゃいます。

 

「社会人10年目からは○万円の時計を!」とか、

「仕事のデキる男の時計はコレ!」とか。

 

自分はどの時計をするべきか?

いくらの時計にするべきなのか?

 

知るか!自分で決めろよ!!

 

という感じです。

 

他にも、靴とかカバンとかクレジットカードとか。

 

いや、だってさ。

何でもいいじゃないですか。

あまりにもボロボロでなくて、十分機能していれば。

 

時計なら、僕は4桁プライスで十分です。

学生時代や独身時代からずーっと同じ感覚。

 

今ね、ちょうど時計持ってないんですよ。

先日、壊れてしまいまして。

 

なんと、沖縄の湿気でバンドはカビてボロボロに!

そして時計部分は、三歳の三女の毒牙にかかり、

いつのまにか乾燥機に突っ込まれて盤面が全壊!!

 

そんなこんなで、時計は近々購入予定です。

え~と、今僕は35歳。

「三十代のオトナの男のステータス!!」

みたいなオススメもあるんでしょうけど、

要らないっすw

 

人様に不快感を与えないデザインで、

時計として機能すれば何でもいいです。

 

あ、沖縄だとすぐにカビたりサビたりするので、

バンドは皮や金属より合皮やプラの方がいいのかな~。

 

もし娘たちがスヌーピーとかミッキーの時計贈ってくれたら、

それでも全然構わないです。

 

たとえ商談の場面でも、先手を打って

「これ、先日娘がプレゼントしてくれまして~。

ちょっと恥ずかしいけど、『仕事頑張ろう』って気にさせてくれるんです。」

とか冒頭に切り出しちゃえばいい話ですからね。

 

金銭感覚を一定にしていると、

あくまで主体的にお金と付き合える。

それがイイんです!!

 

ダメ彼氏・彼女に振り回されないで、

対等に付き合ってる感じですねw

ハードルが高い場合

みなさん、職場の人たちや友人たちを浮かべてみてください。

もし、あなたの周りがステータスを気にする人だらけの場合。

残念ながら、ちょっと大変です!

 

ぜひとも、気合入れて自分を保ってくださいね!

 

そういう環境だと、どうしても流されやすいので。

やれブランド品だ。やれ高級マンションだの。

 

モノは社会的コードですから、

モノが品格を表すっていうのは、もちろん一理あります。

それを尊重する時と場合、集団は確かに存在します。

 

そういったコミュニティに所属している場合、

金銭感覚を一定にするのはちょっとハードルが高めにはなりますね。

 

でも、迷った時は原点に立ち返ってくださいね!

「自分が幸せを感じるかどうか」

それを最優先していきましょうね!!

 

別に最先端のオシャレ企業に勤めてるからって、

代官山に住まなくていいんです。

西東京市が好きなら、それでいいんです!

僕は小平が好き♪

品目ごとに自分ルール

金銭感覚を一定にする。

それってちょっと曖昧な感じでもありますよね?

 

だから、僕はさらに具体的にして、

「品目ごとに自分ルールを定める」

っていうカタチで習慣づけしています。

 

例えば、外食の場合。

「普段は、ランチなら¥500前後。

ディナーなら¥500~1000くらい。」

という具合です。

 

これ、あくまで普段。日常の場合です。

久しぶりに大切な友人と会食とか、

お客様をもてなすとか、パーティとか。

そういった場合は別ですよ!

ぱーっといきましょうね!!!

 

他にも、お茶に関しては、

「ペットボトルや缶などは基本買わない。」

をルールにしています。

 

お茶っ葉は自宅に好きなのを常備しているので、

必ず家で淹れています。

外に持ち出すときは、水筒に入れてゴウ♪

 

これ、学生時代から変わらないルールです。

ずーっと水筒愛好家。

だから、水筒洗うの上手いっすよw

 

こんなふうに、

「品目ごとに自分ルールを定める」

オススメです!

目も舌も肥えます

金銭感覚を一定にする。

これほんと、習慣にするのオススメします!

そのおかげで、すごく楽チンです。

 

お金に使われていないで、主体的に生きている感じっていいですよ。

 

振り回されていないから、不安を感じにくい体質になっていると思います。

 

ずーっと自営業なので、多かったり少なかったり、

収入はけっこう上下しています。

でも、おかげさまでビーチで潮の満ち引きでも眺めてる感覚ですw

 

あと、この習慣のうれしいオマケとして、

「目が肥える」

っていうのがあるなぁと感じます。

 

例えば先述の「お茶=外で買わない」の場合、

ペットボトルのお茶とか、正直あまり美味しくないんですよ。

決してまずくはない。

でも、断じてウマくもない。

 

自宅で淹れてるお茶の方が比べ物にならないほど美味しいんです。

 

そうやって「目が肥える」「舌が肥える」っていう、

うれしいオマケもついてくる!

それが習慣が続くのを後押ししてくれているような気もします。

 

みなさんもぜひ!

金銭感覚を一定にすること、習慣にしてみてくださいね。

 

それでは、今回はこんなところで。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。

「まいうま」のダンナの方、サッシーがお送りしました。

 

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です