参院選で投票デビューする若者へ。選挙が最も身近に感じるたとえの話

「中2の時の担任、マジありえなかったよな~」

「○○先生のクラス、最高だった~!」

みなさんもそんな経験ありませんか?

クラスのメンバーはもちろんですが、担任の先生によって学校生活の楽しさには雲泥の差がありましたよね。

そう、それ。まさにそれなんです。まとめ役を誰がやるかによって、あなたの日常が決まる、あの感じ。

だから、明日は選挙に行きましょう!

明日、2016年7月10日は、第24回参議院議員選挙。選挙権の年齢引き下げを経て、18歳から選挙への参加が可能になる初めての国政選挙。18歳・19歳の方々の記念すべきデビュー戦です!!

担任の先生によって、あなたの毎日のワクワクが左右された学校生活を浮かべてみてください。

選挙って、まさにあの感覚なんです!!

クラスのルールは誰が決めた?

みなさん、クラスのルールって誰が決めていましたか?

学活・ホームルームの時間に、クラスのみんなで決めてた?委員長が司会して?丸尾君みたいな?

ずばり、そうじゃないでしょう!

一見みんなで話し合って決めたように思えますが、実は違います。

もちろんアイデアはみんなで出し合ったけれど、何気に最終決定権は先生だけが持っていましたよね。ストレートにみんなのアイデアが採用されることもあるけれど、みんなで決めた案がごく自然に、「はい、じゃあ今回はこういうことにしておきましょう。」って、サラッと最後に先生の手でアレンジされること。意外と多くありませんでしたか!?

このように「まとめ役」が居ることは、2人以上の人間で利害が絡み合う場においては、ごく当たり前のことでもあります。誰かがまとめ役にならないと、せっかくのアイデアも形にならない。みんなでわーわー騒いでおしまいになっちゃいますからね!

そう、ルール決めには、まとめ役が欠かせないんです。

学校のクラスという場においては、価値判断・状況判断には経験が必要だから、生徒でなく先生がまとめ役になって最終決定をする。それは、ごくごく理に適ったことではありましたね。

我々アホな男子に任せたら、どえらいことになってしまいます。「テストで100点取った人は、授業中にテトリスしててok!」とかねw

もしも先生がおバカだったら

学校のクラスにおいては、年配だから先生がまとめ役になるのは道理です。

じゃあ、もしも。もしもですよ?もしも、あなたのクラスの担任がおバカでワガママだったら、どうですか?

「給食は、男子は大盛り!先生は、特盛!!」とか「女子生徒は休み時間は交代で先生の肩もみをすること!デヘヘヘヘ。」とか。

…サイアクでしょ!

先生が特定の生徒だけをやたら贔屓するとか、全然話を聞かないとか。そういうクラスだったら、イヤじゃないですか?僕は絶対イヤ!!毎日が灰色です。

でも、逆にすごくいい先生に当たったらどうですか?

自分の小さな意見にも耳を傾けてくれるし、話し合いでみんなが対立しても最後までとことん真剣に誰もが納得いくまで一緒に考え抜いてくれる。そんな人が自分のクラスのまとめ役だったら、最高じゃないですか!!

こんな風に、自分の所属する場所を誰がまとめるかって、あなたの毎日の幸せに直接つながってくることです。

先生を自分で選べる!

バラ色になるか、灰色になるか。自分の毎日を左右する担任の先生。

残念ながら、学校の担任の先生は自分で選べませんでしたよね。

でも、あなたが自分で”あなたの担任の先生”を選べる場もある。そう、それが選挙です!!

選べると言っても、絶対じゃありませんよ。そりゃ〜あなたがいいと思う候補者を、誰もがいいと思うかは分かりません。学校の先生だって、生徒全員に人気の先生なんて居ませんでしたしねw

でも。でもですよ。あなたが選んで票を投じる人が当選する可能性もあるし、落選する可能性もあるなら、その可能性を高めるのに自分の力を注ぎましょうよ!そう、真剣に候補者を選んで、投票所に足を運んで一票を投じましょう!!

そもそも、「自分で選べる」ってこと自体、僕はすごくラッキーなことだと思いますよ!

投票率は高いほどイイ

今回は、実は首長選びと議員選びをちょっとごちゃまぜにお話してしまってはいるんですが、政治の参加の為の最初の理解としては適切だと思いますので、自信を持ってご紹介しました。こういう捉え方が実感が湧きやすいので、オススメです。

特に、今回から投票可能になる18歳・19歳の方や、実はまだ選挙に行ったことがないという方。ぜひとも明日、2016年7月10日の参院選はお近くの投票所に足を運んでくださいね。

誰でもいい=おバカで自己中な担任でも構わない=担任が好き勝手やるクラスでいい、ということですからね!そんなん、僕は絶対イヤですよ!!あなたの暮らしを、あなたの幸せな人生を自力で作り上げるつもりで候補者を選んで、貴重な一票を投じましょう。

ほんと、まとめ役を自分で選べるってスゴイことですからね!

学校の担任以外でも、部活の部長とか、職場の上司とか。自分で選べたら最高じゃないですか!?

実は、それができるのが選挙なんです。

だから、ぜひ!友達や先輩・後輩にも声をかけて、みんなで投票率100%をめざしましょう!TwitterやFacebookで「人生初の投票してきたな〜う!」とかの投稿・シェアもすごくイイですよ。

投票率が高ければ高いほど、「意欲のある候補者」が当選しやすくなりますからね!

雨が降ろうが槍が降ろうが投票所に足を運んで、自力で未来を切り開いていきましょう!

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。

「選挙のしくみでここが分かりづらいんだけど、こういうこと?」とかの相談も大歓迎です!

「まいうま」のダンナの方、サッシーがお送りしました。

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です