サイプレスリゾート久米島旅行記vol.2。ホテルの夕食の創作沖縄料理に家族5人とも大満足♪

ホテルのレストラン入口

こんにちは!久米島移住5年目のサッシです♪

ホテルに泊まったときの一番の楽しみって何ですか?

「お部屋」

「お風呂」

いろいろありますが、なんといってもメインイベントって夕食じゃないでしょうか!?

先日家族5人(娘3人+夫婦)でのんびり泊まってきたので、今回は「サイプレスリゾート久米島の夕食」ってどんな感じなのかを紹介します!

居酒屋・定食屋とは一味違った、久米島素材・創作沖縄料理もてんこ盛りです♪


ホテルの夕食

2017年3月の連休。

家族5人で泊まったサイプレスリゾート久米島の夕食に向かいました。

場所はレストラン「凪 (なぎ)」。

ホテルの1階のラウンジを右手にちょっと奥まで進むと、正面に見えてきます。

ホテルのラウンジ

夕食は18時から予約可能なので、いちばん早い18時でお願いしておきました。

うちはハングリーな娘×3が居るんでw

3月の久米島は、18時でもまだまだ明るいですね~♪

席に着くと、「和食」か「洋食」のどちらにするかを選びます。

うちはお嫁ちゃんと長女が「洋食」、僕が「和食」に。

次女と三女はホテル予約の際に夕食を付けていないので、別途「お子様メニュー」にしました。

子ども連れだと、そんな具合にお願いすることもできますよ♪

サイプレスリゾート久米島のレストラン風景

今回は洋食が「Le Phare (ル・ファール)」、和食が「Shiosai (汐彩)」というコース。

お子様メニューは「童子セット (わらばーせっと)」です。

席に着いておしゃべりしていると、さっそく一皿目を持ってきてくれました。

時間も早かったせいか、ぜんぜん待ちませんでしたよ♪

最初に来たのは、洋食の「あぐー豚パテ・ド・カンパーニュ 自家製島野菜ピクルス」。

豚のパテ 豚のパテ

柔らかくて旨味たっぷり。

さっそくのウマいお肉に、子どもたちからも歓声が上がりましたw ぶひっ!

お次は「白身魚のムースと久米島の海の幸 海洋深層水のジュレを添えて」。

久米島の海の幸

久米島が世界に誇る貴重な資源「海洋深層水」を使ったメニューです。

そして、ふかふか香ばしそうな「パン」も登場!

カンパーニュ カンパーニュ

パン好きの長女は大喜び!

もうこの時点でちょっとお腹いっぱいですw

続いて、和食部隊も駆けつけてくれました。

まずは、小皿で3兄弟。

左から順に、「ジーマミー豆腐」「海洋深層水で育てた海ぶどう」「ミミガーのピーナッツ和え」です。

和食の小皿3つ ジーマミー豆腐 海ぶどう ミミガー

ジーマミーとはピーナッツのことです。

ピーナッツの香りと濃厚な旨味がたまりません♪

と、ここでお子様メニューの登場!

次女と三女に頼んだ「童子セット」です。

お子様プレート ハンバーグにケチャップで顔

まったく予想が付いていなかったんですが、なるほど~。こんな感じだったんですねー。

ちなみに旗は次女のはドイツ、三女のはカナダでした。

特に意味は無さそうですねw

続いて登場したのは「車エビの天ぷら」と「シーフードサラダ」です。

車エビとサクナの天ぷら 車エビの天ぷら サクナの天ぷら 塩 シーフードサラダ シーフードサラダ

こちらは実はコースの中に入っているものじゃなく、なんとサービス特典

「一泊二食」「コース料理」等の条件を満たして予約してある宿泊客へのサービスとのこと。

  • シーフードサラダ
  • 車エビ
  • 海ブドウ

今回は、この3つの中から選べました。

車エビは、

  • 刺身
  • 塩焼き
  • 天ぷら

から選べるので、天ぷらに。刺身や塩焼きは食べたことあるけど、天ぷらは未経験だったので♪

車エビはもちろん美味しいんですが、一緒に天ぷらになって出てきた久米島の野草「サクナ」もめっちゃ美味でした!

シーフードサラダは、刺身の下に久米島食材の「島豆腐」も隠れています。

大変美味しゅうございました。

ここで、さらにお魚ラッシュ!

和食メニューの「漁港直送 刺身2種盛」が到着っ!!

刺身 マグロの刺身 カジキマグロ シイラの刺身

あ、あれ?

  • マグロ
  • カジキ
  • マンビカー (シイラ)

3種類いらっしゃいますね・・・。

必ず2種類ってわけでもないようですね。まぁ美味しいから、もちろん何でもok!

ここで、「島野菜をたっぷり使った本日のスープ」が駆けつけてくれました。

かぼちゃスープ

今回はかぼちゃの冷製スープ。

まったりとした舌ざわりが最高♪

さぁ、いよいよここからクライマックス。和洋共に、メインディッシュに突入です!

僕も覚悟を決めて、赤ワインを追加注文して決戦に備えておきました!!

赤ワイン

う~ん、帰りのクルマを気にせずに飲むワインって格別w

では、いよいよメインディッシュの登場です!

まず洋食チームからは、「山城さんがこだわって育てた久米島赤鶏のロースト」。

チキンのロースト チキンのロースト

うお~このボリューム感!

子どもたちも、ついついナイフとフォークを手にしてしまいます!お腹いっぱいなはずなのにw

そして和食チームからは、「本日の魚料理」です。

蒸した車エビと野菜 蒸した車エビと野菜

蒸した車エビ・白身魚と野菜たちですね。

昆布のダシがめっちゃ利いてるので、そのままパクっとおいしくいただけました。

ちょっと時間差で「ご飯 汁物」も運ばれてきて、ご飯セットの完成です!

ご飯とおかず

う~ん、味覚極楽。

どのおかずもおいしく完食させていただきました♪

洋食・和食共に、最後はデザート。

洋食からは、「本日のデザート」としてプリンとアイスが登場。

アイスとプリン プリン デザートとアイスティー

洋食コースに「コーヒーか紅茶」が入っているので、このタイミングで、長女にはアイスティー、お嫁ちゃんにはホットティーを持ってきてもらいました。

しばらくして、和食チームの「本日の甘未 お茶」も登場。

・・・が、僕がご飯をいただいている間に子どもたちにすっかり食べられて写真も撮れませんでしたw

カットフルーツ(オレンジ・グレープフルーツ・キウイ)とわらび餅だったようです。

以上で夢のようなホテルディナーは終了~。

ごちそうさまでした♪

まとめ

最後に、今回のコースをまとめておきますね。

洋食コース料理 「Le Phare (ル・ファール)」¥4,500

  • 白身魚のムースと久米島の海の幸 海洋深層水のジュレを添えて or あぐー豚パテ・ド・カンパーニュ 自家製島野菜ピクルス
  • 島野菜をたっぷり使った本日のスープ
  • 本日の魚料理 or 山城さんがこだわって育てた久米島赤鶏のロースト or あぐー豚のソテー(+¥1,000)
  • 本日のデザート
  • パン
  • コーヒーまたは紅茶

 

和食コース料理 「Shiosai (汐彩)」¥4,500

  • 海洋深層水で育てた海ぶどう
  • ミミガーのピーナッツ和え
  • ジーマミー(ピーナッツ)豆腐
  • 漁港直送 刺身2種盛
  • 本日の魚料理
  • ご飯 汁物
  • 本日の甘未 お茶

 

お子様メニュー 「童子セット (わらばーせっと)」¥1,200

  • オムライス
  • エビフライ
  • ハンバーグ
  • チキン
  • ポテト
  • スープ
  • デザート

もちろん単品料理やドリンクも追加してオーダーできますよ♪

ホテルならではの創作沖縄料理で、どれもこれも大満足でした。ボリューム感を重視する人は、和食より洋食を選んだ方が良さそうですね。

夕食無しの素泊まりもいいですが、せっかくですからご宿泊のさいはぜひサイプレスディナーもお試しあれっ!

泊まった翌朝はビュッフェ形式の朝食もおすすめですよ♪

関連記事:サイプレスリゾート久米島旅行記vol.1。ホテルの朝食はビュッフェ形式で大満足でした♪

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました。

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^